税理士への無料相談は、二の足を踏んでしまう

税理士事務所だけでなく、他の専門家などもそうですが、よく初回無料相談を行っています。

これは、まず会って話をしてみないことには、問題点もわからないですし、また専門家がどういったサポートをしてくれるかもわからないからです。

 

でも、はじめて税理士事務所に行くのは、少し入りずらい

ところが、そういった無料相談を受けに来られる方に、いろいろと話を伺っていますと、税理士事務所の印象は

・敷居が高く感じ、少し入りずらい

・すごい年上の方が出てきて、怒られるのではないか

など、やはり電話や事務所に訪問するのも、銀行などに比べ敷居が高く感じられているようです。

 

基本的には税理士など専門家は、相談者の味方です

でも考えてみてください。

専門家は、相談者の味方なんですよ。

税理士は節税を提案することはしますが、税務調査に来るのはあくまで税務署です。

よくよく話を聞いてみると、税務署的なものと勘違いをされている方も結構な割合でいらっしゃいます。

 

なるべく早く相談したほうがよい

よく、風邪をひいたりなど、体調が悪化してから、クリニックに行く方がいます。

しかし、会社経営などは、病気になっても休むことができません。

だから、そういった会社の病気を予防するために、税理士との顧問契約をして毎月診察を受けて予防しているのです。気になることは、細かく相談している方がお得です。

それでも多いのは、会社の調子が悪くなってきた時に、頑張りすぎてしまう経営者です。

無理に借金をしたりなど、強引に会社を建て直ししようと頑張りすぎて、結果として、治療に時間がかかるような状況になって、ご相談に来られる方がいます。

ビジネスなので、絶対はないかもしれませんが、各専門家などに相談してみると、割とスムーズに解決していたような症状も実際には多くあるかと思います。

医療の世界でも、よく言われているかもしれませんが、ビジネスの世界では特に「予防医学」という考え方が大事になるんだと思います。

 

どういったことを相談しているか

これは本当にバラバラなのですが、法人の方は下記が多いです。

・会社を設立したが、まだ税理士と契約していない。どんなサポートがあるか知りたい

・会社の設立の方法を知りたい

・父親の会社の株を譲り受けて、会社を継ぎたい。税金はどうなるか

・担当税理士が高齢で引退予定、若い税理士を探していた

・担当税理士に相談して、回答された内容に疑問があるため、セカンドオピニオンが欲しい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無料相談について、実際に来られる方によると、やはり税理士事務所というのは「最初は少し入りずらい」、そういった意見がよく聞かれます。

やはり敷居が高いと感じる方が今でも多いようです。

なので、市役所や町役場なので、税理士から派遣された